面白さを追求する

現実を教えるのも大事、だが

職業体験を通じて働くことは何かを考える、それは大事なことです。ただ社会で労働に勤しむようになると遭遇する問題もまた大きい。そうした際にどう対処できるかが焦点と言われるが、辛いことやつまらないことだけを教えてはむしろ逆効果だ。つまらないから当たり前、仕事なんてそういうものだと言っては現実的すぎる。かえって仕事なんてしたくない、どうすれば働かないで生きていけるかと考えるようになってしまいます。必然と大人になればそれだけではダメだと気がついて仕事をするか、もしくは引きこもってしまうかの二択だ。

つまらないと言うだけでは最悪後者の道を選んでしまう人を量産してしまいます、恐ろしい話だが子供とは安直なのでそう思い込んだら猪突猛進タイプが基本でしょう。ではどうしたら良いかといえば、やはりつまらないと感じる中で『働く中で得られる楽しさ』を見いだせるかではないだろうか。

働く理由なんて人によって異なる、生活のためとはいうがそれは基本以前に就業理由としては不十分すぎる。ただ機械的に働くだけなら誰でも出来る、しかしそれではいずれ限界は来てしまいます。お金を稼ぐ、それで何を得られるかを考える力を養うことも大切でしょう。

働く理由

こう言ってしまえば何だか、結局のところ筆者もお金欲しさに働いているのが一番に来ている。では働いている今が幸せかといえば、そう感じている部分もある。色々事情があって思うように働けなかった時期を考えれば、身体が動く嬉しさに勝るものはない。ですが世の中には筆者よりも年下で、将来的に見ても満足に働けない障害者の人がいるくらいだ。そうした人たちにすれば働けるだけでも幸せであり、収入がある喜びも一入でしょう。

ですがお金を手にしても満たされるとは限りません。それに見合った対価を得ることで何をするか、それとも仕事を通じて得られるものが糧にするかで、仕事に対する見方も異なってくる。

二通りの捉え方

仕事を通じて得られるもの

仕事をつまらないという人にすれば、ただ仕事は我慢強くやっていくしかないというのでしょう。ですが我慢をしていけばいくほどストレスは溜まっていき、やがて心身ともに壊れてしまいます。うつ病になるなんてだらしないと罵る人もいるが、そんな問題ではない。働けなくなっては元も子もない、我慢するにしても時と場合がある。

仕事がつまらなくてどうすればいいかと悩み始めたら、逆にどうすれば面白くなるのかと考えていかなくてはいけない。面白くするなんてというが、何も奇抜な事をするのではなく、仕事に緩急付けてメリハリをもたせるだけでも大分異なる。正真正銘つまらないとしか言いようが無い仕事をした後には、気分転換に別の仕事があればそちらに取り掛かるなど、肩の力を抜くなどの段取りは必要になってきます。

挨拶をするだけではつまらない、本を詰めているだけでつまらない、そういった意見をただ我慢しろと圧力をかけるだけでは職業体験そのものが無意味になる。実際、そうなっているところが多いのかもしれませんが。つまらないと感じる中で得られるもの、それを自分で見つけて働く理由にする人もいます。

お金を稼ぐことで得られるもの

即物的かも知れないが、結局は給料で心が満たされる人が圧倒的だろう。頑張って、つまらないながらもこれだけが楽しみだと思うのももちろんありです。お金を稼ぐのが目的なんてといいますが、筆者は正直そう考えている。仕事をする理由で究極かつ単純な答えはこれをおいて他にないだろう。しかし世の中ではそれを理由にすると仕事が見つからないという悩ましい問題に遭遇します。色々理由を付随して建前を作りますが、本質はお金があるから働けるが基本でしょう。

以前働いていた職場にて、このことで先輩と揉めた事がある。その人は働く意味をお金目的にするなといって、お前の仕事はいい加減でやる気が感じられないと散々罵られたものだ。ただそう言われても働く理由でお金よりも大事なものはなんですかと尋ねると、『同僚と得られる連帯感と仲間意識、達成感』だと告げてきた。それも分かるが、現実問題としてそれを追求していたら酷い事になりそうだと思ったものです。大切なのは分かるが、働きに即したお金が支給されなければそもそも労働をする意味が見いだすなど不可能だ。

あまりに理想論すぎる発言に意見もあるが、お金を優先事項と考えて悪いことはないだろうと個人的には考えている。

目的はどうあれ

今時で言えば働く意味は人によって異なる、楽をしたい、いつでも片手間で出来る仕事がしたい、お金をたくさん稼げる仕事がしたいと言ったように、働き方の多様性があります。ですが職場体験で働く事の意味や意義、目的全てを学ぶというのも無理はある。すべてを学ぶのではなく、1つでもいいから自分の中で答えを見出して、労働と向き合う事が重要ではないだろうか。働く事、その先に待っている時間を思うと、ただ1つの事を目的にしていたらつまらなくなってしまいます。それこそ我慢強く働いていれば良いと、乱暴な言い方で丸めなくてはいけなくなってしまいます。

子供を取り巻く職場体験について考える