【探偵業法を聞いてみよう】

探偵業法を厳しく守る探偵社が良い探偵社です。言われたことをなんでも行うことは利益目的の探偵社です。行ってはいけない不当な調査をした場合、後々依頼人にトラブルが襲いかかるケースもあります。「そのような調査は行えません」と依頼を断る探偵社は良いところです。

そもそも依頼人のメリットを考え、依頼人の立場になっているのであれば、調査を断るのも当然です。依頼人の今後のことも考えて調査を行わないと問題解決できるはずがありません。調査を行い、費用をもらい、はい終わりですとなる探偵社が多いです。やはり、契約前にどのように解決へと導くアドバイスを具体的にしてくれるのかをきちんと見極めてから契約すべきです。

料金だけに目が行きがちですが、本質は「問題解決」です。何故トラブルが起こってしまったのか、そしてどのように解決すべきなのか、解決した後に再度トラブルに巻き込まれないに術は、3点セットで見ていく必要があります。

トラブルに何度も会う方も少なくありません。良い探偵社であれば、「依頼人の悪い点も伝えます」。依頼人の悪い点を伝えないことで、同様のトラブルに再度巻き込まれてしますからです。依頼人自信が抱える「性格上の問題」にもメスを入れなくては本当の問題解決はできません。そのため、何も伝えない探偵社は調査だけを行う探偵社ですから、料金に見合った内容を行っているとは言い難いです。

探偵業法につきましては、どの探偵社であっても厳守しなくてはならない法律です。探偵業法についてどのように考え厳守しているのかを詳しく聞いて見ることで良い探偵社を知る1つの手段です。